地獄の黙示録

1979年製作のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラによる戦争映画。
ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を原作に、物語の舞台をベトナム戦争に移して翻案した叙事詩的映画(エピックフィルム)。
1979年度のアカデミー賞で作品賞を含む8部門でノミネートされ、そのうち撮影賞と音響賞を受賞した。それ以外にもゴールデングローブ賞の監督賞と助演男優賞、全米映画批評家協会賞の助演男優賞、英国アカデミー賞の監督賞と助演男優賞などを受賞。
日本では1980年2月23日に公開された。2001年にコッポラ自身の再編集による特別完全版も公開され話題になった。

ベトナム戦争中期。陸軍空挺士官のウィラード大尉は、妻と離婚してまで再び戦場に戻ってきた。彼はMACV-SOGの一員として、CIAによる敵要人暗殺の秘密作戦に従事してきた古参兵だった。その実績を買われ、サイゴンのホテルに滞在中、軍上層部に呼び出される。そこで彼は、元グリーンベレー隊長のカーツ大佐の暗殺指令を受ける。カーツは軍の命令を無視して暴走、カンボジアのジャングルの中に独立王国を築いていた。
ウィラードは海軍の河川哨戒艇に乗り込み、乗組員に目的地を知らせぬまま大河を遡行する。ウィラードは道すがら、カーツの資料から彼の思想を読み取ろうとする。そして一行は戦争の狂気を目の当たりにする。サーフィンをするためにベトコンの前哨基地を襲撃する陸軍ヘリ部隊の司令官。ジャングルに突如として出現したプレイメイトのステージ。指揮官抜きで戦い続ける最前線の兵士。そして麻薬に溺れ、正気を失ってゆく哨戒艇の若い乗組員たち。やがてカーツの王国に近づくにつれて、ウィラード自身も少しずつ心の平衡を保てなくなってゆく。
哨戒艇の乗組員を何人も失いながらも、何とか王国にたどり着いたウィラード。彼は王国の支配者カーツと邂逅し、その思想や言動に動揺する。一時は監禁されたものの、改めて自由を与えられたウィラードは、水牛を生贄にする祭りの夜にカーツの暗殺を決行する。

おすすめ映画情報

メインキャスト

マーロン・ブランド:ウォルター・E・カーツ大佐
マーティン・シーン:ベンジャミン・L・ウィラード大尉
ロバート・デュヴァル:ビル・キルゴア中佐
フレデリック・フォレスト:ジェイ・“シェフ”・ニックス
サム・ボトムズ:ランス・B・ジョンソン
ラリー・フィッシュバーン:タイロン・“クリーン”・ミラー
アルバート・ホール:ジョージ・“チーフ”・フィリップス
ハリソン・フォード:ルーカス大佐
G・D・スプラドリン:コーマン将軍

評価

『地獄の黙示録』は公開直後から映画に対する賛否両論が噴出した[6]。批評家たちの間で「ストーリーもあるようでないようなものである」、「戦争の狂気を上手く演出できている」、「前半は満点だが後半は0点」など、意見が分かれがちな映画である。作品としての質は別にして、批評家たちは「泥沼のベトナム戦争がアメリカ市民に与えた心の闇を、衝撃的な映像として残した怪作である」と結論付けた。
映画の冒頭はドアーズの「ジ・エンド」をBGMに、ベトナム戦争を象徴する兵器であるナパーム弾が全てを焼き払うかのような映像シーンである。そして、ウィラードがカーツ殺しに至るシーンで流れているのも、やはり「ジ・エンド」である[7]。この他にもキルゴア中佐率いる部隊がワーグナーの『ワルキューレの騎行』を鳴らしながら、9機の武装したUH-1ヘリが敵の拠点である村落を攻撃していくシーンなど、様々な意味で話題となったシーンは多い。その他にも既存の文学作品や映画作品からモチーフを借りた場面も多く、これらのシーンについて様々な解釈が公開当時から行われていた。
映画中ではアメリカサイドにおけるベトナム戦争のいい加減さを強調し、歴代政権(ジョン・F・ケネディとリンドン・B・ジョンソンの両政権)により拡大したベトナム戦争に対するアメリカ政府への批判がみられる。例えばサーフィンをするために村落を焼き払うヘリ部隊の指揮官、指揮官不在で戦闘をする部隊といった描写である。上記のように本作品はベトナム戦争の暴力や狂気を強調し、アメリカのベトナム戦争への加担を暗に批判したという点で評価される面がある。その反面、戦争の暴力や狂気をテーマとしながら、それらを視覚的に美しく描くことに成功しているという評価もなされている[8]。
公開当時は否定的な意見も多かったが、現在ではアメリカ映画史上重要な地位を占める作品であると概ね肯定的に評価されている。1998年にアメリカ映画協会が選んだ映画ベスト100中第28位、2007年に更新されたリストではベスト100中第30位にランクインした。2000年にはアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。IMDbによる人気投票でも上位にランクインされている[9]。キルゴア中佐の台詞である「朝のナパーム弾の臭いは格別だ」(原文:I love the smell of napalm in the morning)は、アメリカ映画協会による名台詞ベスト100中第12位に選ばれている。

ミニシアター最新情報